MENU

行政書士の資格取得期間はどのくらい?

難易度が高い行政書士の資格

国家資格の中でも、いわゆる「士業」の難易度は非常に高いと言われています。行政書士に関しても例外ではなく、他の士業にひけをとらないほどの難易度と言われているそう。

 

近年の合格率を見ても、高くて10パーセント・低くて5〜6パーセント程度となっていることからも「行政書士の資格試験は非常に難易度が高い」ということがわかるでしょう。

 

では、行政書士の資格を取得するまでに必要な取得期間はどのくらいになるのでしょうか?

 

多い人では1000時間が必要な人も…

行政書士の資格を取得するために必要な取得期間については、大体400時間〜600時間程度だと言われています。

 

また、一部では300時間で合格できる人もいれば1000時間かかる人もいると言われていますので、実際にどの程度の時間が必要なのかは「その人による」ということでしょう。

 

ただ、難易度が高いことは事実なので適当な勉強では受からないというのは事実です。

 

行政書士の資格試験は憲法や民放といった法律に関わっていますので、まずは憲法から学び、そこから枝葉を広げていくというような作業も必要になります。学ぶ範囲の広さや、細かさのことを考えれば「独学ではなく通信講座や通学講座を利用しながらの勉強」が望ましいのではないでしょうか。

 

通信講座や通学講座であれば、テキストも過去問題を中心にまとめたものを使っていますし、試験合格に向けて効率のいい勉強をすることができます。

 

独学では「どこから勉強していいか解らない」ということになってしまいがちですが、通信講座や通学講座ではきちんと順を追って学ぶ手順を整えていますので、そのことを考えても通信や通学の講座を使うというのは非常に有意義になるでしょう。

 

行政書士の試験は、ただ内容を丸暗記するだけでは合格できません。より深くその業務内容について理解することが必要になりますので、無理に短時間での合格を目指すよりも「丁寧に学ぶこと」を意識したいですね。