MENU

行政書士資格を最短で取得するには?

行政書士の資格を取得するには、3 つの学習方法があります。それは「独学」「通信講座」「通学制」です。

 

では、行政書士資格を取得する場合、これらの各学習方法ではどれくらいの期間で取得できるのでしょうか?

 

1 年限定の独学

まず「独学」です。独学のメリットは、何と言っても出費を最低限に抑えられることです。また勉強時間も自分で自由にコントロールできることも魅力でしょう。

 

しかし、行政書士試験を独学でチャレンジする場合、チャンスは 1 回のみと決めておきましょう。なぜなら、独学のメリットである「低コスト」は 1 年以上経ってしまうと意味が無くなってしまうからです。

 

資格取得に 1 年以上掛かってしまうなら、通信講座や通学制の方が出費を安く抑えられるはずです。

 

ですので、独学で勉強するなら 1 回のみのチャンスをモノにできるように、学習方法を自分で工夫することが求められます。

 

独学で学習する時のポイントは「暗記」よりも「読解力」を鍛えていくことです。条文のニュアンスや表現を的確に把握する「読解力」を養う必要があるので、特に初心者はその表現に慣れるまでかなりの時間が掛かるかもしれません。

 

参考書の解説と六法書を照らし合わて読み込むことで、読解力が少しずつ身に付いてきます。

 

独学での最短合格は初心者なら 1 年、法律に関わったことがある経験者なら 約 6 ヶ月ほどで取得できるでしょう。

 

通学制と通信講座

3 ヶ月〜 6 ヶ月以内で合格を目指したい人には、「通学制」か「通信講座」をオススメします。

 

予備校や通信講座のメリットは、講師からアドバイス、解説が受けられるので法律の理解が格段に早くなることです。またカリキュラム内容も無駄が省かれているので、要点を絞って試験対策を行うこともできます。

 

特に通信講座は、コストパフォーマンスも優れています。実績、高い合格率を誇っているのは、フォーサイトの「行政書士通信講座( 32,550 円 )」です。10 %以下の合格率である行政書士試験にあって、当講座の合格率は 16.91 %と言われています。

 

これは業界でも定評のあるフォーサイト独自のテキストと DVD 教材による試験対策が功を奏しているからでしょう。社会人などの平日に時間が取れない人にとっては、フォーサイトのような通信講座で 6 ヶ月で取得する方法が最短と言えます。