行政書士 資格

MENU

行政書士の資格とは?

皆さんは、「行政書士」という資格をご存知でしょうか?

 

別名「街の法律家」とも言われていて、私たちの生活に最も身近な法律専門家です。

 

この資格は国家資格として認められており、官公署に提出する書類や権利義務、事実証明に関する書類などを作成したりすることができるようになります。

 

この他にも提出手続きを代行したり、行政・法律面で問題を抱えている人たちの相談に応ずることができます。

 

具体的には、「新車購入の登録」「飲食店開業の許認可」「法人設立」「外国人の労働ビザ」などの手続き、書類作成を行っていきます。

 

行政書士資格の始まり

行政書士をはじめ「弁護士」「司法書士」などの法律系の主要資格は、意外にも長い歴史を持っています。

 

これらの資格のルーツは、1872 年(明治 5 年)の太政官布告無号達で司法職務が制定されました。

 

この法によって定められた職業には「証書人」「代言人」「代書人」の 3 つがありました。

 

証書人は現在で言う公証人、代言人は弁護士、代書人は司法書士や行政書士でした。

 

この当時から行政書士は、官公署に提出する文書や図面作成を職務とされていたようです。

 

戦後の 1947 年(昭和 22 年)の 12 月、GHQ によって当時の内務省が解体された影響を受けて、代書人規則も失効してしまいました。

 

しかし、その後に住民サービスの法制化を求める動きが社会で起こりました。

 

それによって 1951 年(昭和 26 年)2 月 10 日に「行政書士法」が公布され、法改正も行われながら現在に至っています。

 

行政書士の需要は無くならない

こうした歴史を持つ行政書士ですが、今では国家資格の中でも特に人気の高い資格となっています。

 

その理由は、行政書士試験には受験資格が設けられていないことが挙げられます。

 

行政書士は法律系資格の登竜門として、誰でもチャレンジできるように門戸を広くしています。

 

これからも行政書士のニーズは更に高まっていくでしょう。

 

なぜなら官公署における書類手続きが必要とされる限り、行政書士の需要が無くなることはないからです。

 

低コストで開業できる資格としても知られているので、起業を目指している方にもオススメしたい資格です。