MENU

行政書士資格は独学で取得できる?

行政書士という資格は、一般的には「かなり難易度が高い資格」というイメージがあります。そのイメージ通りに行政書士は、初心者が独学で取得を目指すことは難しいと言われています。

 

しかし、合格は決して不可能ではありません。事実、法律関係に初心者だった人でも合格されている方がいらっしゃいます。

 

では、行政書士資格は独学でどのようにして取得することが可能になるのでしょうか?

 

独学に必要なもの

まず行政書士の合格率は、10 %以下と言われています。この 10 %の合格者の多くは、学校や通信講座で行政書士の勉強に励んできた方たちでしょう。これらのライバル達との差を縮めるには、勉強方法と参考書選びを徹底する必要があります。

 

まず必要なものが、法律家のバイブル「六法書」です。行政書士の土台となっている書物なので、必ず購入しておきましょう。オススメは「行政書士受験 六法(東京法令出版)」です。「条文を引きやすい工夫がされていた」など合格者からも好評を得ていました。

 

次にテキスト選びを行っていきます。オススメの教材は、「うかるぞ行政書士 入門編」「 Success シリーズ」などです。「 Success 」は、早稲田セミナーから出版されている参考書です。他の参考書と違う点は、法令のマニアックな深い知識まで掲載されているところです。

 

独学での勉強方法

独学での勉強方法は、テキストを一通り読んで六法書でも条文をチェックしていきます。チェックが終われば、次に過去問題集を解いていきます。過去問題集の解説や参照されている条文を六法書で引いて、理解を深めていきます。

 

独特の表現や言い回しは、時間を掛けて読み込んでいくことで慣れていきます。この一連の流れを繰り返して、独学での学習を進めていきます。

 

「急がば回れ」とことわざにあるように、行政書士のような専門性が強い資格は、時間を掛けて理解を深めていくことが重要なのです。その理由は、ただ条文をインプットするだけでは問題内容を正確に把握しきれないからです。

 

時間・手間は掛かりますが、こうして築き上げられた基礎・法律への習熟度は、試験合格後にも必ず役に立ちます。