MENU

行政書士の給料はどのくらい?

実は思ったよりも稼げない行政書士

行政書士はいわゆる「士業」のひとつですし、合格率も5〜10パーセントという大変に難易度が高い国家資格なので、多くの人は「さぞ稼げる仕事なのだろう」と思うようです。

 

しかし、実は「そうでもない」という実態があるのだとか。

 

行政書士の登録を行っている「日本行政書士連合会」では、登録している行政書士に対してアンケート調査を実施していますが、ここで驚くべき事態が明らかになりました。

 

この調査によれば、なんと行政書士の70パーセント超が年収500万という結果になっています。年収500万は、一般的なサラリーマンの年収を少し超える程度の数字。

 

そう考えると、「行政書士はいうほど稼げる仕事ではない」ということになります。残念ながら、資格を取得した人のほとんどがサラリーマンと同程度の年収であるということになるでしょう。

 

しかし、一方で大金を稼ぐ行政書士も

では、行政書士の仕事と言うのは本当に稼げないのでしょうか?

 

注目したいのは、お給料が経費込みで500万程度答えた人以外の年収です。

 

実は、10パーセントの行政書士が「お給料は1000万円を超えている」と回答していることが解っており、さらに5000万以上のお給料をもらっているというひともわずかながらいるという結果が出ています。

 

この結果からわかることは「行政書士は基本的には高い給料を稼げないが、ごく一部の人は本当に高いお給料をもらっている」ということ。

 

つまり、稼いでいる人は本当にたくさんのお給料を稼いでいるということです。

 

競争率が高い業界であるという現実

同じ行政書士なのに、どうしてこんなに収入の開きがあるのでしょう。それは、ひとえに行政書士の世界が格差社会であるという現実があるためです。

 

行政書士になってからも努力を続け、ライバルに差をつけることができた行政書士だけが大きなお金を稼げるということになるでしょう。

 

どうせ行政書士を目指すなら、たくさんのお給料をもらえる行政書士を目指したいものです。

 

そのためには、行政書士になってからも勉強が必要ということになりますね。