行政書士 役割

MENU

行政書士の役割とは?

とにかく「認可」といったら行政書士

一般的に「分かりにくい」と言われる行政書士の仕事。しかし、その「分かりにくい」という理由は行う仕事の幅がとても広いためです。

 

「士業」というのは、できる仕事の範囲が細かく定められているもので、その範囲に沿った業務しかすることができません。

 

税理士なら税理士の、公認会計士なら公認会計士の領分と言うものがあります。

 

公認会計士なら税理士の仕事も行うことができたり、弁護士であればどの士業の仕事もできるなどの違いもありますが、基本的にはその職業に許された範囲の仕事しかできません。

 

その中で、行政書士は「他の士業が専門的に行う仕事以外を行う」とも言われています。

 

例えば、「相続」を挙げて解説してみましょう。相続において、不動産相続を行った際の相続登記は司法書士にしかできません(弁護士でもこれはできません)。

 

でも、相続で発生する遺産分割協議書の作成や相続調査などは行政書士でもすることができます。ちなみに、相続税に関しては税理士のみが担当できます。

 

このように、行政書士は特定の士業でなければできないことをすべてこなすために「仕事内容が幅広く、わかりにくい」ということですね。

 

具体的にはどんな仕事内容なの?

行政書士の仕事内容は非常に広いですが、簡単に説明すると以下のような役割をこなしています。

 

・会社を設立する時に必要な事業計画の作成を手伝う
・飲食店の営業許可をもらうための書類作成
・風俗店の営業許可をもらうための書類作成
・ガソリンスタンドをつくるための申請・許可についての書類
・旅行に関する業務をする際に必要な書類の作成業務

 

この他にも、行政書士が行っている役割には多くのものがあります。他にも、近年よく言われるようになった業務の中に「コンサルティング業務」がありますね。

 

コンサルティング業務は「相談」のことですが、行政書士として可能な範囲でクライアントの相談に乗りアドバイスを行う行政書士も増えてきているようです。

 

身近な相談役としての業務は、今後も拡大していくかもしれませんね。