行政書士 試験対策 地方自治法

MENU

行政書士試験の対策-地方自治法編

行政書士の実務の中で、国の行政機関以上に関係が深いものがあります。それは、都道府県・市町村などのいわゆる「地方自治体」と呼ばれている所です。

 

行政書士のほとんどの仕事は、この地方自治体と大きく関わっていきます。つまり行政書士はそれだけ地方自治体についての知識「地方自治法」に長けておかなくてはいけません。

 

では、行政書士の試験にあって、地方自治法はどのように学んでいけば良いのでしょうか?

 

地方自治法の試験対策

地方自治法は、条文が 300 条以上あるので、これら全てを暗記することは難しいと思います。ですので、多くの受験者は過去問題集に掲載されている条文を中心に学んでいます。

 

具体的に言いますと、できるだけ多くの過去問や予想模試を解き、出題されている条文をテキストの解説などを参考にしながら理解を深めていきましょう。

 

頻出箇所に絞った学習方法を行うことで、効率的に地方自治法の条文を必要な分だけ覚えることができます。

 

地方自治の理解を深めるポイント

また地方自治法を学ぶには、ポイントをおさえておく必要があります。それは「国」と「地方公共団体」の関係を整理しておくことです。

 

これは「団体自治」と「住民自治」という 2 つの考え方に基づいたものです。団体自治とは、地方は国家から独立しており、国からの干渉は受けないとする考え方です。

 

もう一つの住民自治とは、その独立した存在である地方自治体の政治は、地域住民の意思が反映されていくべきであるという考え方です。

 

これら 2 つのポイントを学びやすい事例があります。それはつい最近までテレビやニュースで騒がれていた「大阪都構想」の住民投票です。

 

大阪都構想の是非は別にして、これは地方自治の在り方を世間に知らしめた貴重な事例ではないでしょうか。「地域住民が行政、仕組みの在り方を決める」という最も大きいテーマにチャレンジしたのが、この大阪都構想の住民投票だったのです。

 

おそらく今後、日本国内ではこのような地方行政が活発に行われていくかもしれません。

 

ぜひこの事例も参考にしながら、地方自治法を学んでみて下さい。