MENU

行政書士の試験にはどんな問題が出る?

行政書士は、合格率が非常に低いことで知られています。

 

高い難易度を誇る行政書士の試験をパスするには、まず試験内容を知る必要があります。

 

では、行政書士の試験にはどんな問題が出るのでしょうか?

 

2 つに分けられる試験内容

行政書士試験の内容は、2 つに分けられています。

 

1 つ目が「行政書士の業務に関して必要な法令など」、2 つ目が「行政書士の業務に関連する一般知識など」です。

 

次に各科目を具体的に見ていきましょう。

 

法律の専門知識が求められる

まず「行政書士の業務に関して必要な法令など」です。この科目でテストされるものは、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学などです。

 

これらの中で注目したいのは「行政法」です。行政法の項目では、一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法などに細かく分けることができます。

 

行政手続き法とは、「許認可、免許などの申請手続き」「行政指導の手続き」「命令などを定める際の手続き」について行政機関に定められたルールのことを言います。

 

行政不服審査法とは、行政庁の処分や私人の不服申立てに対して、行政庁が審査して解決するための制度についてのルールです。

 

また行政事件訴訟法は、行政活動に関連する違法についての訴えに対して裁判所が解決を図るための制度をいいます。

 

国家賠償法は、行政不服審査法や行政事件訴訟法でも救われないケース、違法な行政活動によって損害を受けた人に慰謝料を渡すことで解決する制度です。

 

そして、一般的に最も知られているのが「地方自治法」です。

 

地方自治法とはその名の通り、地方自治について定められた法律です。この法律は各地方によって細かく違ってくる住民サービス、または要望に応えていくことを目的としています。

 

文章理解力が求められる

最後に「行政書士の業務に関連する一般知識など」です。

 

この科目でテストされるのは、政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解などです。

 

特に難しいと言われているのは、「文章理解」です。なぜなら文章理解は、高いレベルでの日本語能力と読解力が求められるからです。

 

予想問題や過去問題集をできるだけこなして、出題される文章の構造に慣れておく必要があるでしょう。

 

これらの内容が行政書士の試験に出題される問題です。