MENU

行政書士試験の合格率はどのくらい?

合格率が低い行政書士試験

行政書士試験の特徴として、「とにかく合格率が低い」というものがあります。

 

それは、以下のように数字を並べてみると明らかです。

 

平成16年度 5.33パーセント
平成17年度 2.62パーセント
平成18年度 4.79パーセント
平成19年度 8.64パーセント
平成20年度 6.47パーセント
平成21年度 9.05パーセント
平成22年度 6.60パーセント
平成23年度 8.05パーセント
平成24年度 9.19パーセント
平成25年度 10.10パーセント

 

平成17年度が一番低く、合格率は3パーセントに満たない程度です。ただ、それ以外の年をみる限り「合格率は5〜10パーセント程度」と考えて良いでしょう。

 

いずれにしてもかなり低い合格率であることがわかります。

 

しかし、一方で「この合格率を鵜呑みにしてはいけない」という指摘もあります。

 

行政書士の試験はなぜか「簡単」というイメージもあるため、対して勉強をしていない人も受けて落ちることも多いとか。このために合格率がより下がっているとも言われていますので、あまり合格率は意識せずにいたほうがいいのかもしれません。

 

合格するにはどうしたらいいか?

行政書士の試験は、2つの試験を合わせて大体6割程度の正解を得られれば合格できると言われています。つまり、6割は正解できるように頑張ることが必要。

 

もちろん、6割正解と言われているのはあくまで今までであって、今後はどうなるか解りません。

 

行政書士の試験に合格したいなら、とにかく「丸暗記ではなく理解をする」ということが重要です。

 

特に記述式の問題では、答えを40文字以内にまとめて回答する必要がありますので、問題の内容をしっかり理解していないと回答をすることができません。
暗記するだけでなく、きちんと理解するための学習をしてください。

 

まずは憲法から学び、それを理解してから小さな条文にまで枝葉を広げていくような学習の仕方が必要になります。より丁寧な学習を心がけていけば、きっと行政書士の試験に合格をすることができるはずです。