MENU

行政書士の求人状況はどう?

合格率が 10 %以下という難易度を誇る「行政書士」ですが、資格取得後の求人はどのような状況なのでしょうか?

 

まず行政書士の資格を取得したら、 2 つの選択肢があります。それは「独立開業」と「行政書士事務所への就職」です。

 

独立開業に必要なスキル

資格取得後に「独立開業」で挑戦する場合、ハイリスクを抱えながらのスタートとなります。どの職業でも独立開業すれば同じかもしれません。

 

しかし、行政書士は特に廃業する可能性が高い仕事なのです。その理由は、「ビジネス感覚・経営スキル」を身に付けずに開業してしまう人が多いからなのです。つまり行政書士として「務める能力」と「稼げる能力」は全くの別物ということかもしれません。

 

どれだけ法律の勉強をして試験にハイスコアで合格出来ても、それが稼ぎにはなかなか結びつかないのが現状のようです。

 

では、資格取得後の独立開業は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、決して諦めることはありません。単純に行政書士をビジネスとして成功させるノウハウを学べば良いのです。

 

今ではビジネスや経営の知識・スキルが学べるセミナーなども多く開講されていますので、将来への投資という意味でも経営感覚を磨いておくことをお勧めします。

 

しかし、実はもっと効率良くこれらのスキルを学べる場所があります。それが「行政書士事務所」なのです。

 

行政書士事務所への就職

行政書士事務所の求人の多くは、パートやアルバイトでの採用が主流になりつつあるようです。正社員として雇われづらいという現状がある中でも、行政書士事務所への就職には大きなメリットがあります。

 

それは「行政書士ビジネスのスキル」を給料を得ながら学べるという点です。求人を出す余裕のある行政書士事務所には、必ずと言っていいほど顧客を増やしていくノウハウを実践しています。そのノウハウを「見て」「盗んで」「モノにする」のです。

 

行政書士事務所への就職は、この視点から見ても将来の大きな財産になるでしょう。この行政書士事務所への就職も年々厳しくはなっていますが、チャレンジする価値は大いにあります。