MENU

行政書士資格を取得するために通信講座を受講するメリット

難易度が高い行政書士試験だからこそ

合格率が5パーセントから10パーセント程度と、かなり難易度が高い行政書士試験。

 

もちろん独学で勉強して合格を手にする人もいますが、多くの人は通信講座や通学講座を使い学習の環境を整えて挑むようです。

 

特に通信講座は、働いている人にとってメリットが大きいと言われていますので選択する人が多いとか。

 

では、行政書士資格を目指す人にとって通信講座を選ぶメリットにはどんなものがあるのでしょう。

 

仕事と並行して学べることが一番のメリット

通信講座の一番のメリットは、やはり「仕事と並行して学ぶことができる」という点です。

 

行政書士試験を受ける人の多くは20代から30代ですので、当然のことながら仕事と並行して勉強をすることになるでしょう。

 

通学講座だとどうしても「講座に通う」という手間が発生しますし、もしかしたら仕事や急用で休まなければならなくなるかもしれません。そう考えると、仕事と並行して講座に通うというのは大変なのです。

 

でも、通信講座なら自宅で自分のペースで仕事をすることができますよね。

 

「今日は仕事が忙しかったからテキストを開けなかったけど、明日はそのぶん頑張ろう」というやり方もできるのです。空いた時間に無理なく勉強をすることができるため、仕事をしている人にとっては通信講座の方がやりやすいということになるでしょう。

 

過去問題を意識したテキストを使える

通信講座で使用するテキストは、過去に行政書士試験に出題された問題を意識して作られています。

 

このため、試験に毎回でる箇所や必ずおさえておきたい部分をチェックしやすいというメリットもあり、受験する側にとってはやりやすいのでしょう。

 

自分でテキストを選ぶ手間もありませんし、働きながら行政書士の資格取得を目指したいと考えている人にとって通信講座はとっても強い味方。だからこそ、通信講座を使って学習をするというひとが多いのです。

 

もし「行政書士を目指して勉強したい」と考えるなら、通信講座を選んでみると効率のいい学習ができるかもしれません。