行政書士 適正

MENU

行政書士の適正は?

行政書士という職業があります。これは官公署に対しての書類作成したり、提出したりする仕事です。

 

このような業務を行う行政書士には、どんな人が向いているのでしょうか?またその適性にはどんなものがあるのでしょうか?

 

まず行政書士の適性と言われている 3 つの要素があります。それは「勤勉家」「コミュニケーション力」「ビジネススキル」です。

 

判断力 = 知識力

まず「勤勉家」から見ていきましょう。行政書士は、幅広い分野の書類手続きや申請に携わることができます。

 

しかし、行政書士はただ書類作成をこなしていくだけでなく、その許認可や書類審査がパスできるかどうかを見定めることが求められるのです。

 

その判断なくしては、行政書士の実務をこなしていくことはできないそうです。では、この判断力を養うにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それは単純に「知識」を身に付ければ良いのです。各分野に精通できるように普段から勉強をしておくことで、そうした判断やセンスが磨かれていきます。

 

ですので、行政書士に必要な適性の 1 つは「勤勉家」であるということが言えます。

 

問題点を聞き出す力

次に「コミュニケーション力」です。行政書士が受け持つ顧客の中には、行政や法律上の問題を抱えているケースがあります。

 

そうした顧客が求めているものに応えていくには、具体的かつ多くの情報を聞き出さなくてはいけません。

 

なので、コミュニケーション力は行政書士としての最もベースとなる能力、適性と言えます。

 

経営を成り立たせる力

最後に「ビジネススキル」です。行政書士の職業は「独立開業」を目的としています。しかし、独立開業してもなかなか経営が上手くいかず、廃業してしまうことも多くあります。

 

行政書士として生き残っていくには「ビジネススキル」を持っておく必要があります。つまり「売上を出して事業を継続させる能力」です。

 

もちろんセンスや閃き、アイデアなどもビジネスにおいては重要ですが、それらの土台にはこの「スキル」があるのです。

 

ビジネススキルは学んで身に付けることができる能力なので、行政書士として独立開業に必要な適性と言えます。

 

ぜひこれらの適性を磨きながら行政書士の資格取得を目指していきましょう。