MENU

行政書士の仕事内容とは?

行政書士の仕事内容

資格の名称は非常に有名ですが、その仕事内容があまり良く知られていない行政書士。

 

それもそのはず、実は行政書士という仕事はとても分かりにくく「何をやる仕事なの?」と言われることがとても多い職業なのです。

 

いわゆる士業と言うと、おそらく多くの人が連想するのは弁護士でしょう。会計士や税理士、そして似たような名称の「司法書士」なんていう職業まであります。

 

弁護士や会計士、税理士は名前だけでなんとなくの仕事内容が理解できますが、「行政書士」と言われてもやっぱりピンときませんよね。

 

ここで、、そんな行政書士の仕事内容についてご紹介します。

 

書類を作成するお仕事です

行政書士の仕事は、官公庁などの公的機関に提出する書類を作成する仕事です。もっと細かく言えば、法務局や警察署・役所などの提出する書類を作成しています。

 

他にも、飲食店が許可の申請を行う場合は書類を作成するなど、「認可」に関する書類の作成を多く行っているのが特徴ですね。

 

そして良く知られているのが「遺言書の作成」ですね。遺産は法律で「誰がどのくらい相続するのか」がきめられていますが、遺言書があれば故人の思うとおりに遺産を相続させることが可能になります。

 

そのための遺言書の作成も行政書士が書くことが可能です。

 

しかし、できることとできないことがあります

とはいえ、行政書士ならどんな書類も作成できるか?といったらそうではありません。できることとできないことがあります。

 

例えば、遺言書について。行政書士ができるのは遺言書を作成するということのみで、そこで発生する争いには介入することができません。相続争いが発生した場合は、弁護士の手を借りることになります。

 

また行政書士が行うことができるのは「書類作成とその書類の提出の代理」のみであり、自分の名前を使って「代理人」とすることができるのは司法書士になります。

 

司法書士と行政書士はよく混同されるのですが、こういった点において明確な違いがあります。