行政書士 資格取得 メリット

MENU

行政書士の資格を取得するメリット

毎年の合格率が5〜10パーセント程度とかなり低めであることが解っている行政書士試験。この合格率は、多くの国家資格の中でも非常に低い数字となっています。

 

つまり、合格のためにはかなりの努力が必要になるということになるでしょう。では、そんな行政書士の資格を取得するメリットにはどの様なものがあるのかを考えていきましょう。

 

幅広く仕事ができる

いわゆる「士業」には、それぞれ専属の分野があります。

 

司法書士なら専門は「不動産登記・会社の登記」、税理士なら「税金の申請・経理に関しての相談など」、それぞれの専門分野ごとに活躍しているという感じですね。

 

行政書士の場合は、「官公署に提出する書類の作成・提出」「認可のための書類作成」などを中心に業務を行います。今は何事も書類を作成して申請することから始まりますので、行政書士の業務も幅広くなっていると言えるでしょう。

 

行政書士の資格を取得しておけば、活躍の場が広がることはまちがいありません。

 

独立しやすい資格です

行政書士の資格を取得した人の多くが、独立をして事務所を構えています。とはいえ、いきなり独立と言うことは難しいので、多くの人が行政書士事務所などに就職をして一定のキャリアを積んだ上で独立をする、ということが多いとか。

 

きちんとキャリアを積んでノウハウを学んでいけば、自分で事務所を作って独立をすることも可能です。

 

独立すれば自分のペースで仕事ができますし、専門分野を作ってそこに特化した仕事をすることも可能ですので、そういった意味でのメリットは大きいですね。

 

就職にも有利です

行政書士の資格をとっている人の中には、企業の法務部や総務部で働いている人もいます。企業の中で与えられた仕事をこなしながら、行政書士としての仕事もするというひとも多いのだとか。

 

士業の資格を持っているというだけで、企業からは注目を集めることになりますので、就職先を探すぶんにも非常に有利になるはずです。

 

この様に、行政書士の仕事には非常に多くのメリットがあります。資格を取得することで得るものは本当に多いはずですよ。