行政書士 試験 一般知識

MENU

行政書士試験の対策【一般知識編】

行政書士試験の科目の中で、「行政書士の業務に関する一般知識」があります。

 

この科目は具体的に言うと、政治、経済、社会、情報通信、個人情報、文章理解などの項目が含まれています。

 

一見すると、比較的に簡単そうに感じてしまう科目が「一般知識」です。しかし、実際は「掴みどころが無い」科目と言われており、苦手意識を持ってしまう受験生も多いようです。

 

「掴みどころが無い」と言われる所以は、他の法令科目とは異なって基準となる法律などの知識が含まれないので、何を勉強すれば良いのか掴めきれないことが背景としてあるようです。

 

では、実は難しい「一般知識」はどのようにして勉強していけば良いのでしょうか?

 

重要なのは「情報収集」

まず「政治・経済・社会」の項目から見ていきましょう。これらの項目を一言で例えるなら「時事問題」です。出題内容は、最近の政治ニュースや経済・社会情勢などが中心となっています。

 

この項目の試験対策は非常にシンプルです。それはインターネットや新聞、テレビで流れてくるニュースで日頃から情報収集しておくことです。

 

また常にこうした情報にアンテナを張っておくことで、行政書士試験に関わる他の科目の学習にも知識を補充することができます。

 

範囲が限られている項目

次に「情報通信・個人情報」の項目を見ていきます。この項目は範囲が限定されていることもあり、勉強しやすい科目と言えます。

 

限定されている範囲というのは、「個人情報保護法」と「行政機関個人情報保護法」の条文がメインの出題となっていることです。

 

この 2 つの法律をおさえておくことがポイントとなります。

 

読解力が求められる項目

最後に「文章理解」です。この項目は一般知識の科目の中で最重要科目と言われています。

 

その理由は、ただ暗記してクリアできるものではなく、高いレベルでの読解力や理解力が求められるからです。

 

法律、条文の独特な表現やニュアンスを的確に把握していくには、時間をかけて過去問や問題集をコツコツ解いて慣れていく必要があります。

 

以上の試験対策を行って、配点 56 点もある「一般知識」をクリアしましょう!