行政書士 試験 憲法

MENU

行政書士試験の対策【憲法編】

行政書士試験の対策をする中で、「憲法」という項目は私たちに最も身近な知識と言えるかもしれません。

 

なぜなら憲法の基礎的な知識は、中学校や高校で勉強したことがあるからです。

 

では、行政書士の試験対策として「憲法」をどのように勉強していけば良いのでしょうか?

 

配点から見える優先順位

まず行政書士試験の中にあっての憲法の立ち位置、優先順位を見ていきましょう。

 

この優先順位を見定める物差しは「配点」です。300 満点の行政書士試験で憲法への配点は、28 点です。

 

問題数で言い換えるとたったの 6 問( 5 肢選択式が 5 問、多肢選択式 1 問 )です。

 

これは行政書士試験の中で、行政法( 112 点 )、民法( 76 点 )、一般知識( 56 点 )に次ぐ 4 番目に多い配点です。

 

つまり憲法の重要度は 4 番目なので、優先順位としてはあまり高くないと言えるでしょう。

 

特殊性が強い憲法

配点から見る優先順位では決して高くないので、はっきり言えば後回しにできる項目が「憲法」です。

 

しかし、実はもう一つ後回しにしておかなくてはいけない理由があるのです。

 

それは「特殊性」です。憲法は、行政書士試験の科目「法令」の中でもかなり「特殊性」が強い項目と言われています。

 

その理由は「条文に主語が抜けていてニュアンスを捉えにくい」「判例の基礎知識が必要」「合憲もしくは違憲の判断基準となるキーワードがある」などが挙げられます。

 

これらの特殊性は「判例を中心とした応用問題」とも言い換えることもできます。

 

つまり「憲法」という項目は、行政に関する判例・条文などの基礎知識を有していないと理解が難しいものなので、法律初心者は特に後回しにしておく必要があるということなのです。

 

判例や条文などを学び、文章のニュアンスを掴めるようになったら、いよいよ憲法にチャレンジしましょう。
憲法の勉強方法としては、過去問、予想模試などを解いていきます。

 

これらのテストで出題された条文や判例をテキストなどで確認し、理解を深めていきます。

 

このプロセスを繰り返すことで、憲法の勉強を効果的に進めることができます。