行政書士 司法書士 違い

MENU

行政書士と司法書士の違いとは?

法律関係の資格の代表的なものとして、「弁護士」「司法書士」「行政書士」などがあります。

 

弁護士という職業は最もポピュラーなものですが、分かりづらいのが「司法書士」と「行政書士」の違いです。

 

では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

管轄の違い

まず一番大きな違いは「管轄」です。行政書士は「総務省」、司法書士は「法務省」によって管轄されています。総務省は、行政の基本的な制度、地方自治、国と地方公共団体の連携などを管理する機関です。

 

そして法務省は、六法などの基本法制の維持や整備、法秩序の維持、国民の権利擁護などを行う機関です。

 

これらを見ても行政書士と司法書士の実務が違ってくるのが分かります。行政書士は役所などの行政機関に対しての実務、司法書士は法務局に対しての実務が基本なのです。

 

では、それぞれどのような業務を行っているのでしょうか?

 

司法書士の業務

まず司法書士は、主に登記や供託などの手続きに関するプロフェッショナルです。これらに関する知識は弁護士よりも詳しいと言われています。実際に弁護士は、登記や供託などの業務を司法書士に委託してしまうケースが多いようです。

 

また裁判所への書類作成や代理なども行うことができます。しかし、裁判の代理については制限が設けられています。それは争いになっている金額が 140 万円までなら、裁判代理などを行うことができるというものです。

 

行政書士の業務

次に行政書士は、役所に提出する書類の作成や権利義務、事実証明に関する書類を作成するのが仕事です。

 

しかし、裁判所への書類作成や代理は行うことができません。こうして見ると行政書士と司法書士では、行える業務に大きな差があります。

 

司法書士の方が実務に幅があるように感じますが、実は行政書士のみ行える業務もあるのです。それは「役所に対する各種の許認可手続き」「自動車の手続き」「外国人の手続き」などです。

 

ちなみに弁護士は、行政書士と司法書士の業務全てを行うことができます。

 

このように行政書士と司法書士には、管轄や業務に様々な違いがあるのです。