MENU

行政書士の需要はどれくらいある?

弁護士や司法書士よりも資格取得者数が多いと言われているのが「行政書士」です。受験資格もないので誰でもチャレンジできることが人気の理由の 1 つです。

 

では、実際に行政書士が働く現場には、どれくらいの需要があるのでしょうか?

 

減らない需要

まず確実に言えることは「行政書士の需要は減らない」ということです。その理由は、行政書士の実務が官公署に向けてのものだからです。

 

行政書士の主な仕事は、官公署へ提出する書類を作成したりする仕事です。代表的な業務は、「会社設立の手続き」「遺言書」「飲食店開業の手続き」「契約書各種」「建設業の認可」「外国人の労働ビザ」など多岐に渡っています。

 

いま知られているだけでも 1 万種以上の書類作成に携わることができるのが行政書士なのです。

 

官公署での書類手続きが無くならない限り、行政書士の需要が落ち込むことはありません。

 

新しい分野・需要を開拓

世間でこうした需要があるにも関わらず、行政書士の中には稼げないという人が多くいるのも現状です。しかし、現実は国家資格の中でもトップクラスに需要があり、稼げる資格は「行政資格」と言われています。

 

その理由は、多種多様の業務に関われる行政書士は、顧客を獲得しやすい仕事だからです。

 

稼げる行政書士とそうでない行政書士を分ける要素の 1 つに「専門分野」があります。行政書士は遅かれ早かれ、どこかのタイミングで専門分野の事業開拓に迫られることがあります。

 

実は、稼げている行政書士はその専門分野の開拓に成功して、需要を上手く取り込んだ人たちなのです。特に需要が大きいとされているのは、「建設業」「風俗業」「入管外国人」「運輸業」「相続遺言」「法人設立」などです。

 

これらの需要は大きいのですが、それだけ参入している行政書士の数も多いので競争が激しいようです。

 

やはりこれからの行政書士が稼いでいくには、自分だけの新しい分野にチャレンジすることが求められます。

 

まだ比較的に参入している行政書士が少ない分野は、「スポーツ」「交通事故関連」「環境問題」「介護福祉」「宇宙産業」など多くあります。

 

ぜひオリジナリティを目指して、ニーズを多く取り込める行政書士になって下さい。