行政書士 試験対策 民法

MENU

行政書士試験の対策-民法編

行政書士試験の中で「民法」という項目があります。この民法は、行政法( 112 点 )に次いで 2 番目に配点が高く設定されています。

 

その配点は 76 点もあり、問題数に表すと全 60 問中に 11 問も占めています。

 

では、重要性が高い民法はどのようにして勉強すれば良いのでしょうか?

 

膨大な条文数

民法は優先順位が高いテスト項目であると同時に、難易度が高いものでもあります。難易度が高い理由は「試験範囲が広い」からです。

 

民法の一番の特徴は、とにかく条文の数が多いことなのです。その条文数は 1044 条という膨大な数があります。

 

これを全て暗記することは無理があるので、受験対策としては出来るだけポイントを絞っていくことが求められます。

 

民法の学習で中心となるのは、過去問題集です。過去問をできるだけ多く解いて、出題されている条文をテキストを活用して調べていきましょう。

 

民法が難しいポイントはもう一つあり、それは条文がそのまま問題となって出題される形式ではなく、条文が実際にどのようにして使われたかなどの事例形式で出題されることなのです。

 

また最近の傾向としては、条文だけでなく判例についての内容も必ず出題されているので、民法の判例も学習しておきましょう。

 

民法を学習するポイント

民法の学習を効率的に行っていく方法があります。それは出題されている内容のシチュエーション、意味合いを視覚化することです。

 

図式にまとめて整理することで、文章だけでは捉えづらい関係性も見ることができます。

 

何度も文章を読み返すと時間のロスにもなってしまうので、まず図に置き換えれば理解するスピードも格段に早くなるでしょう。

 

そして、もう一つ大事なことは民法の「原則原理」を理解しておくことです。それは「私的自治」という原則です。

 

簡単に言うと「私人の法律関係は原則として自由意志に基づいて行われる」という考え方です。

 

「私人」とは、一般的には公務員などの公の立場にいない人を指します。

 

一般人の経済活動に公的機関、また公人は介入すべきではなく、個人の自己責任によって自由に意思決定することができるという意味です。

 

この原則を頭に入れながら民法の条文を勉強すると理解しやすくなり、試験対策も効果的に進めることができるでしょう。