行政書士 魅力

MENU

行政書士の魅力とは?

国家資格の中で最も人気があると言っても過言ではない資格があります。それは「行政書士」です。

 

行政書士という職業は、役所に届け出をする書類を企業や個人の代理となって作成し提出します。

 

では、なぜ役所への書類手続きをする行政書士は人気があるのでしょうか?またその魅力とはどんなものなのでしょうか?

 

国家資格のメリット

行政書士の魅力は 3 つあります。それは「国家資格」「ステータス」「業務の幅広さ」です。

 

まず「国家資格」です。国家資格を有するということは、国が定めたある一定の基準の知識・スキルなどを備えているという証明になります。この国家資格は一生涯保障されるもので、安定した雇用や収入を得やすくなります。

 

また昨今、経済不況の影響で就職難が続いています。この就職難の中で就職や転職を有利にしてくれるのが、国家資格なのです。

 

特に行政書士という国家資格は、合格率こそ 10 %以下と難易度が高いのですが、受験資格が特に設けられていないので誰でもチャレンジすることができるのです。

 

年齢・学歴・国籍に関係なく国家資格を取得できる魅力を持つのが「行政書士」なのです。

 

ステータス

次に「ステータス」です。ステータスとは「社会的な信頼」です。行政書士は本来、独立開業を目的とした資格です。

 

つまり非常にビジネスに適した資格と言えるのです。ビジネスを行う際、まず顧客が求めるものは何でしょうか?

 

それは「信頼」です。信頼関係を構築することがビジネスで最もベースとなる大事なことなのです。行政書士は、そのステータスを有している貴重な資格なのです。

 

業務の幅広さ

最後に「業務の幅広さ」です。一番先に述べたように、行政書士は役所への書類作成や提出を行うことを仕事としています。

 

しかし、この単純なように見える業務ですが、行政書士はこの業務であらゆる分野を開拓できるのです。自分の特技や趣味などの分野にあって、法律的な手続きやトラブル予防を必要としている団体や企業があるでしょう。

 

そうしたニーズに応えていくことで、自分だけの専門分野を確立することができるのです。

 

このような魅力を持つ行政書士にぜひチャレンジしてみて下さい。