行政書士 税理士 違い

MENU

行政書士と税理士の違いとは?

行政書士と税理士などの職業を「士業」と呼びます。これはハイレベルな専門知識を有する職業人のことを指します。

 

労働基準法においては法令上で特別に優遇を受けることが多いことで知られている仕事です。

 

では、行政書士と税理士はどのように違いがあるのでしょうか?

 

ジャンルの違い

まず大きな違いを言えば「ジャンル」です。行政書士は「書類作成」のプロフェッショナル、税理士は「税」のプロフェッショナルなのです。

 

行政書士は、役所や保健所、警察署などの行政機関に対して書類を作成したり、提出する手続きを代行で行う仕事です。主に「許認可の手続き」や「契約書の作成代理」などを行います。

 

役所などへ提出する書類はとても内容や手続きが複雑で、一般の人々では難しいのが現状です。それらの複雑な事務処理を滞りなく行うのが行政書士の役割なのです。

 

税理士は、税務整理や税務に関する書類作成、税務相談などを行う仕事です。

 

日本の国民には様々な納税義務が課せられています。「所得税」「法人税」「相続税」「贈与税」「消費税」「事業税」「固定資産税」などです。

 

これらの多くの課税を人々がスムーズに納めることができるようにサポートするのが、税理士の役割です。

 

税理士は行政書士にもなれる

このように行政書士と税理士は、実務においても多くの違いがあります。しかし、税理士にはあるメリットがあるのです。

 

それは、税理士は「行政書士業務も行うことができる」という点です。つまり税理士試験に合格して資格を取得すれば、行政書士の役割も担えるということです。

 

税理士が行政書士の仕事を行う場合は、事前に行政書士会に登録・入会する必要があります。この手続きだけで行政書士の仕事を行うことができるのです。

 

しかし、行政書士としての知識やスキルは勉強して身に付けなければいけません。

 

行政書士、税理士ともに独立開業を目的とした資格です。しかし、各資格のみで事務所を設立するよりも、他の資格を併せて取得してから開業するケースが増えているようです。

 

行政書士を目指すなら、まず税理士の資格を取得するという逆手もアリかもしれません。