MENU

行政書士の試験対策ナビ|最短で資格を取得する方法とは?

必要な勉強時間は長くなっている

以前は、行政書士の試験合格に必要な時間は400時間程度と言われていました。ところが平成12年になって行政書士試験の内容が大幅改正され、難易度が大幅に上がり今では「合格には600時間ほどの勉強が必要」と言われるようになっています。

 

つまり、この理論でいけば「最短でも600時間以上の勉強をしないと合格ができない」ということになります。難易度の高さはかなりのものであることがわかるでしょう。

 

それでも、最短で合格をするためのコツというものは存在します。どうやったらこの行政書士の試験に最短で合格できるのか?コツを集めてみました。

 

勉強方法のコツ

簡単には合格できない試験ですが、早めの合格を目指すのであれば「憲法」からきちんと基本を学んでいくことが大事です。

 

行政書士試験の基本は「憲法」「民法」「行政法」の3つですが、日本の法律の基本は憲法ですので、ここから勉強をしておくとのちに学ぶ知識が入りやすくなるのではないでしょうか。

 

まずは基本になるものを学び、そこから枝葉を広げていくというのは大切なことです。

 

意味をきちんと理解できているかどうか

試験と言うと「暗記すればいい」と考える人がいるかもしれませんが、問題集を丸暗記しただけで合格できるほど行政書士の資格は甘くありません。暗記するのではなく、その法律や条文の意味についてきちんと理解できているのか?が大事です。

 

行政書士の勉強をすると学ばなければならない条文の多さに驚きますが、最初に学ぶ条文の意味が解っていないとのちに出てくる細かい条文が理解できなくなってしまいます。

 

逆に言えば、こうして基本となる条文について理解できていればのちに学ぶ条文も頭に入りやすいということになります。

 

暗記ではなく、理解をすること。行政書士の試験勉強はこれが基本になりますので、簡単な条文でも意味を調べてわからないことがないようにしておきましょう。

 

また、過去問題は必ず何度もやり直すこと。行政書士の試験を受ける人は、近年の過去問題のみでなく10年ぶんの過去問題集をチェックしているという話もあります。

 

こういった「誰もがやっている基本は必ずチェックする」ということも必要ですね。非常に難易度が高く、何度も挑戦しているというひとも多い行政書士の試験ですが、きちんと努力をすれば必ず合格できるはずです。

更新履歴